総計: 250447  今日: 2  昨日: 7       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
大人のための絵本   サザンビーチと賢治の宇宙
掲示板始めました
サザンビーチ事典
サザンビーチニュース
終わらない夏の湘南鉄道
時の彼方から
時の彼方から 2+
短編集はじめました
Fマイナーのブルース
Time & Tide
  blogはじめましたhttp://blog.livedoor.jp/cozy3s/
blogへ行く
  Amazonで
サザンビーチを買う
  感想を書く
サザンビーチの感想を書いて下さい
  出版社のページ
本を注文する
  サザンビーチと賢治の宇宙
Topページに戻る
  湘南の宮沢賢治
湘南の宮沢賢治へ行く
  サザンビーチ
サザンビーチへ行く
  夏の扉
リンク案内へ行く

湘南の作家コージー・S                    Topページ

【プロフィール等】
神奈川県在住。群像新人文学賞をはじめ多くの文学賞に応募。「湘南の宮沢賢治」を自負する。『サザンビーチ』は長編小説『終わらない夏の湘南鉄道』第一部夢機関車の第8章にあたる。

  湘南の宮沢賢治
 

ときおり生の根源に触れる切ない快感が残りました。Chigasaki海岸に来て眺める浜辺と海の風景、そのときに興趣した想いがロマンとなって噴出した世界がよく描かれています。そしてよく見ると、それはすべて表紙の写真と見開きの地図に凝縮されている感じです。

・・・サザンビーチと記されたモニュメントから発せられる半円球の海へ向かって走る汽車だろうか。それに乗って海原へ進む少年の日へのオマージュ。それが主人公アキラであり少女アイカなのだろう。二人はライフセイバーのユカに出会い、海の知識を得ていく。

水晶の切符、宇宙瓶、ホエールボード、色とりどりのガラス

・・・万華鏡のようなきらびやかな世界の中で、アキラは伊東ユカすなわち自分の母に出会うのだ。しかし、会うことは存在が消滅し残像に化してしまう。それが「時」なのだ。ここはきわめて暗示的なコンセプトである。

幻想がともなう作品である。それをさらに楽しむかのように、作者は素描による人物画、風景画、パソコンによる画像処理の写真を挿入して、より一層、己の内面を表現してくれる。作者の多彩な能力に圧倒される。

たいていの読者は、宮沢賢治の宇宙感覚を思い浮かべるに違いない。そういう作家達の資質を作者は保有しているように思える。

荒んだ現実から遊離したいという願望は世の全ての人達が持っている。この本はその飢えを癒す一冊になるだろうと、わたしは思う。

        (作家、私立高校講師 倉坪智博)

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: 大人のための絵本「サザンビーチ」
 次のテキスト: 詩集「時の彼方から」

一人の人間が描いた夢物語、ビーチグラスの物語です。文章のひとつひとつ、さし絵のひとつひとつがガラスの欠片です。文章と絵のパズルを解き明かし、読者のあなたが「美しいステンドグラス」を作成するのです。夏が好き、海が好き、宇宙が好き。愛することを知っているあなたへ。

サザンビーチが本になりました

 

 

大人のための絵本「サザンビーチ」