総計: 253813  今日: 11  昨日: 10       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
大人のための絵本   サザンビーチと賢治の宇宙
掲示板始めました
サザンビーチ事典
サザンビーチニュース
終わらない夏の湘南鉄道
時の彼方から
時の彼方から 2+
短編集はじめました
Fマイナーのブルース
Time & Tide
  blogはじめましたhttp://blog.livedoor.jp/cozy3s/
blogへ行く
  Amazonで
サザンビーチを買う
  感想を書く
サザンビーチの感想を書いて下さい
  出版社のページ
本を注文する
  サザンビーチと賢治の宇宙
Topページに戻る
  湘南の宮沢賢治
湘南の宮沢賢治へ行く
  サザンビーチ
サザンビーチへ行く
  夏の扉
リンク案内へ行く

TIME & TIDE

  As sweet as a Cat 1996.1.12.
 

 

She jumps so high
With her velvet paws
She runs so fast
With her slender legs

She sleeps whenever she wants
Beside the man she loves
She repeats small talks
With her coquettish lips
Her eyes, glistening eyes
Find every secret in the Nights

She's always free
Yes, always free
In her small world
Now she leaves
Now she flies
Like a Crane


猫のように甘美に

とても高く跳ぶ
柔らかな足で
とても速く走る
しなやかな脚で

好きな場所に寝る
好きな人の傍で
つまらん話を繰り返す
妖しい唇で
目は艶やかに光り
夜の秘密を暴く

いつも自由
そう、いつの時も
小さな世界で
今、旅立つ
天翔る
鶴の如く


*高校生を猫に見立てて書いた詩です。
卒業して、早く大人になあれ。

クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: Life 1995.12.19.
 次のテキスト: B.L. Pasternak
大人のための絵本「サザンビーチ」