総計: 253813  今日: 11  昨日: 10       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
大人のための絵本   サザンビーチと賢治の宇宙
掲示板始めました
サザンビーチ事典
サザンビーチニュース
終わらない夏の湘南鉄道
時の彼方から
時の彼方から 2+
短編集はじめました
Fマイナーのブルース
Time & Tide
  blogはじめましたhttp://blog.livedoor.jp/cozy3s/
blogへ行く
  Amazonで
サザンビーチを買う
  感想を書く
サザンビーチの感想を書いて下さい
  出版社のページ
本を注文する
  サザンビーチと賢治の宇宙
Topページに戻る
  湘南の宮沢賢治
湘南の宮沢賢治へ行く
  サザンビーチ
サザンビーチへ行く
  夏の扉
リンク案内へ行く
終わらない夏の湘南鉄道 第一部 夢機関車 A DREAM ENGINE「サザンビーチ」を含む
  作品説明
 

この作品は、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフにして書き始めた。しかし、大人の童話としては難解すぎる。ミステリーにしては謎解きが少なく、SFにしては現実的である。哲学書やバイブルの匂いもする。

 人間は、三次限空間を網膜に写して、二次限的情報を素粒子の働きによって脳に伝え、一次限的思考を行っている。筆者は、自分や同時代の人間達、そして、過去と未来を、二次元的記録に残したかったのだ。記憶と時間を一枚一枚の絵に残したかった。果して、現実は存在するのだろうか。私は、どこにいるのだろうか。思考こそが、人間存在なのかもしれない。

 主人公アキラの存在する世界は虚数の世界。時は流れることがなく、時も空間も「ステンド・グラス」のように整然と並んでいる。どこで「愛」は実践されるのだろうか。アキラが実数の世界へ戻る時、アキラは伊東明夫となり、アイカは山野井愛となって、「愛」は実践できなくなってしまう。「愛」は虚数の世界でのみ実践されるのかもしれない。

 やはり、筆者としては、この作品は、ラブストーリーであり、大人の童話であり、自分と生きた世代の記録なのだと思う。
クョスコニョ    [1] 
 前のテキスト: あらすじ(第一部 夢機関車 A Dream Engine) 宇宙歴2033.8.31.
 次のテキスト: 最後の掲示物です。
大人のための絵本「サザンビーチ」