総計: 250867  今日: 3  昨日: 9       Home Search SiteMap E-Mail Admin Page
大人のための絵本   サザンビーチと賢治の宇宙
掲示板始めました
サザンビーチ事典
サザンビーチニュース
終わらない夏の湘南鉄道
時の彼方から
時の彼方から 2+
短編集はじめました
Fマイナーのブルース
Time & Tide
  blogはじめましたhttp://blog.livedoor.jp/cozy3s/
blogへ行く
  Amazonで
サザンビーチを買う
  感想を書く
サザンビーチの感想を書いて下さい
  出版社のページ
本を注文する
  サザンビーチと賢治の宇宙
Topページに戻る
  湘南の宮沢賢治
湘南の宮沢賢治へ行く
  サザンビーチ
サザンビーチへ行く
  夏の扉
リンク案内へ行く
  苺川
「苺川」     コージー・S 二〇〇六年八月三十一日午後二十六時、わたくしの意志は蒸し暑さに耐えかねてマルチバースの遙か彼方に位置するレプリカント惑星(複製惑星)へ旅立った。  相模川の下流より永池川に入る。門沢橋から永池川...
  選択
トイレに行くこと。金魚に餌をやること。携帯を充電すること。この三者の素早い選択を迫られたとき。わたしは、金魚に餌をやることを選んだ。     2005.11.23.
  琥珀色の午後
琥珀色の午後 2005.9.15.  気まぐれな午後の風が吹く夏の午後、私は現れる。カバーをはずした文庫本を右手にもって、アイス・カフェラテを注文する。それが私のスタイル。「早番のシフト」って結構いいのよね。本屋で文庫本を買って、コーヒーショップ...
  ブルーベリーの夜
八橋企画特別書き下ろし コージー・S 【ブルーベリーの夜】   あなたの〈恋愛年齢判定〉付  ブルーベリーの実を、一粒一粒、画用紙にこすりつけた。あの夜を記憶に残しておくために。雲一つないブルーベリーの夜を。  駅からの歩道橋を降りて、CDショップに...
  原子心母(アトム・ハート・マザー-  ピンク・フロイド)  1986年5月
 全てを70年代に遺し、80年代は静かに過ぎていった。十年前の出来事を思い出した五月の土曜日だった。俺は久し振りに、思い出の扉を開け、ディグへ行ってみることにした。DIGへ行けば、今でもアイが片隅に座っているような気がした。  今日も風が吹いている。...
  最後のクリスマス  イフ・ノット・フォア・ユー(ボブ・ディラン) 1978年12月
あの時泣けなかったの ホームで別れた 二度と会わなかった お見合いしたの わたし 決めたの もう生きていけない 気が狂いそうだった 毎日泣いていたの でもあの日は 泣けなかった 彼が残した楽器 これが彼のフルートなの  神奈川県の教...
  イン・サンフランシスコ
<イン・サンフランシスコ> 機長が着陸体勢に入ることを告げた。窓の外には霧で覆われた陸地が見える。ゴールデンゲイトブリッジが、霧の中から二つの頭をのぞかせている。この霧の下にはサンフランシスコの街がある。ノースウェスト航空024便は、まもなく霧...
  サザンビーチ 本文
    サザン・ビーチ  緩いカーブを曲がると、ターナーの水彩画を背景にして、列車は、ほとんど一直線に海ヘと向かった。  アキラは、『ガラスのマントを着たイートが旅を案内してくれる。』という、ゴッシュの言葉を思い出した。 「イー卜さん。次は何をすれば...
[1] 
大人のための絵本「サザンビーチ」